2007年06月24日

食事と水

食事をしながら水を飲むと胃や消化のメカニズムはどのようになるか。胃の中に大量の水があると、胃液が薄められて酸性度が低いため消化が始まらない。まず水分の吸収が行われる。その際、胃の中に糖質の単糖類 (ブドウ糖、果糖など) があると水と一緒に吸収される。これが血糖値を急激に上げ、インシュリンの分泌を促し、結果的に脂肪が合成されやすくなって肥満につながる。これは食事の前後でも同様で、水と単糖類の組み合わせは禁物だ。したがって一般的には食前30分から食後1時間は水を控えた方がよい。
posted by Dr.π at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Dr.π 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4463710

この記事へのトラックバック